TOP > 2009年04月

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.04.29

田起こしに挑戦する。

本日からは、いよいよ田んぼに入って実践です。ずばり「田起こし」です。

天気にも恵まれ俄然やる気がわいてきます。




とりあえず肥料をまきます。用意したものはこれ。
用意したもの

・肥料
・バケツ
・長靴
・さびた鎌
・やる気

以上5点です。
ど素人たちが肥料をまくのに必要だと思われるものを持ち寄りました。

これで肥料を散布します!





素手で。

ええ、素手で。
「均等に撒かないと稲がでこぼこになる」(金子農場長)らしいのですが、用意できたもので頑張ってみます。




バケツと肥料
肥料をバケツに開けて、





整列!
整列!!

因みに、この日は農民4号松岡さんのご家族にも参加いただきました。

そして、
散布開始。
こんな感じで撒いていきます。

やはり均等にまくことを意識してもなかなか難しい。。。

途中、バケツに開けておいた肥料が足りなくなって、散布がまばらになってしまいました。





まぁ、なんとか肥料も撒き終えたところで、いよいよ田起こしです。

トラクター登場
小池アドバイザーがトラクターで颯爽と登場。
松岡さんのお子さんも興味津々なご様子。

さっそく小池さんがお手本を見せてくださいました。
P4290020_convert_20090429164356.jpg
ゴリゴリと。すんごい楽しそうです。


そして我々の挑戦でございます。

P4290025_convert_20090429164951.jpg
頑張ります。

P4290034_convert_20090429165218.jpg
頑張ります。

P4290038_convert_20090429165456.jpg
頑張ります。

P4290048_convert_20090429165655.jpg
頑張ります。

P4290056_convert_20090429165948.jpg
頑張ります。

P4290066_convert_20090429170254.jpg
頑張ります。

P4290076_convert_20090429170529.jpg
頑張ります。

P4290093_convert_20090429170753.jpg
頑張ります??



皆さんのご尽力あって、
P4250196_convert_20090429171239.jpg
これが、




P4290084_convert_20090429171450.jpg
こんなになりました!

素人ながら、なかなかの出来でしょうか。



田起こしを体験した後の帰り道、
田んぼを見る目が変わっていることに気がつきました。

「ここは、田起こしが終わってないな」
とか、

「きれいに起こしてるなー」
とかとか。

早速農民心が芽生えてきたのでしょうか。

次回は、しろかき?です。
張り切っていきましょー。



スポンサーサイト

2009.04.25

「まちづくりチャレンジファーム」が始動しました!

ついに「まちづくりチャレンジファーム」が動き出しました。

農業の素人たちが農業(今年は稲作)に挑戦すると、まちや挑戦者はどんなふうに変わっていくのでしょうか?「農業」を切り口に、まちやひとの様子をうかがってみる。そんな企画でございます。
今年は10人のコアメンバーが、新潟県は田上町で米づくりにチャレンジします。

そんなこんなでこの日は、現地見学と年間のスケジュール検討、そして米づくりアドバイザー小池議長をお迎えしての勉強会を行いました。

勉強会と今後の活動について
勉強会とスケジュール検討@湯田上温泉「湯多里館」の体験棟です。
ここは湯多里館の開館前にお客さんが利用する憩いの場のようです。話し合いの途中に開館を待つお客さんが入ってきてほのぼのします。

「米づくりは水が命」、「はっきり言って農業はしんどい。しかし努力しただけ作物は応える」
小池アドバイザーの言葉に、メンバー一同感慨深げでした。

そして今回の米づくりのメインフィールドを見学です。
チャレンジファームメインフィールド
1反7セの田んぼです。秋の収穫時期にはどんな表情になっているのか!わくわくです。

因みに、田んぼを見学していると…

「ボフッ」っと、
ボフッ
こんなものが…
作業中はヘルメットが必須でしょうか。

「まちづくりチャレンジファーム」の今年の目標は、「自分たちで米を作って収穫すること」です。農業体験的なものとはちょっと角度が違います。米づくりの工程のすべてをメンバーが行いますので、旨い米をつくるために自分たちで考え、能動的に活動していきます。
果たしてどんなお米ができるのでしょうか。
そして、チャレンジファームの農民たちは米づくりを通して何を想うのか!
どきどきうきうきなのであります。


«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。